北海道で賃貸探し!冬を快適に過ごすためのポイント3つ

価格が安い都市ガス?災害時にも便利なLPガス?

大都市の賃貸物件は、ほとんどが都市ガスとなっていることでしょう。しかし北海道の賃貸物件は、都市部は都市ガスが引かれているものの、地方ではLPガスが主流の地域もあります。料金は都市ガスの方が安価ですが、LPガスは停電時も使用できるというメリットがあります。北海道の賃貸物件では、家賃とガスの種類には関係性が高いことも多いのです。家賃が安い代わりにガスは料金の高いLPガス、といったように、物件探しの際はガスの種類に注目しましょう。

冬の灯油は手間のかからない給油が便利

北海道の寒い冬を乗り切るには、暖房器具は欠かせません。寒冷地である北海道はエアコンでは寒さをしのぐことができず、もっぱら暖房はストーブや石油ファンヒーターになります。これらの器具は燃料に灯油を使用しますが、灯油タンクへの補充を個人で行うか、管理人が行うかは物件によって異なります。冬の灯油使用料は、暖かい地域に住んでいた人にとってはかなり多めです。なるべく手間のかからない給油ができる物件の方が過ごしやすいと言えるでしょう。

雪深い地域は鉄筋コンクリート造を選ぼう

人が多く住んでいる札幌は交通の便も良く、学生の一人暮らしからファミリーまで多くの人が賃貸物件に住んでいます。北海道と言っても、雪がそんなに多くない地域もありますが、札幌は冬の寒さが厳しく、積雪量も多いという特徴があります。そのため、賃貸物件を探すときには鉄筋コンクリート造の物件を探すようにしましょう。屋根に雪が積もりにくい設備が整っていたり、暖房で暖めた部屋の温度が下がりにくいというメリットがあるからです。

札幌東区の賃貸住宅は他の地区よりも家賃が割高です。これは東区が札幌市のベッドタウンであることが理由であり、築年数が長い物件でも他の地区より家賃が高く設定されているケースは少なくありません。