同じ6帖の部屋でも広さが違う?モジュールを知って良い賃貸住宅を選ぼう!

モジュールが違えば部屋の広さが違う?

賃貸住宅を選ぶ時に、収納や間取りを重視するかたは多いのではないでしょうか。物件を見る際、家具や物が置いてない部屋や収納スペースは、意外と面積よりも広く見えてしまうことがあります。物件情報は、平方メートルで床面積が表記されていて、お部屋ごとに約6帖とか実質約6帖などの記載があります。広さがイメージしやすいように、帖(畳の枚数)で表記してあるのですが、同じ6帖でも広さが違うのはご存知でしたか。広さが違うのは、建物を建てる時の基準となるモジュールの違いによるものです。たとえば、自宅の和室と比べて、古民家や旅館の部屋が同じ6帖なのに広く見えた経験はありませんか。じっさい、古民家や旅館の6帖のほうが広いです。ではモジュールとは、いったい何のことなのなのでしょうか。

モジュールを知って良い間取りや収納の賃貸住宅を!

モジュールとは、建物を建てる時に基準にする寸法のことです。本間・関東間・関西間など地域や建物の種類によっても違いますが、柱から柱までの寸法(距離)が基準になります。一般的に賃貸住宅のモジュールは、ほとんどが「尺モジュール」か「メーターモジュール」です。尺モジュールは、柱から柱までの寸法が約91センチを基準にして建築してあり、メーターモジュールは、柱から柱までの寸法が100センチを基準にして建築しています。尺モジュールで建築した和室の畳は、1枚の広さが約91センチ×182センチになりますが、メーターモジュールの場合、100センチ×200センチです。このように、モジュールによって同じ6帖でも広さが違うことを頭に入れて、良い間取りや収納の賃貸住宅を選んでくださいね。

札幌市中央区は札幌市の中心地にあり、札幌駅の南側にあたります。行政の中心地であり、観光名所時計台があります。札幌中央区の賃貸平均相場は5万2千円です。1LDKの物件が多く5万円から6万円台が主流です。