賃貸物件を借りよう!見落としがちなポイントとは?

トイレの快適さを確認しよう

賃貸物件を借りるときに意外に見落としてしまって、住み始めてからもっとよく検討すべきだったと感じる人が多い箇所があります。代表的なのがトイレで、賃貸物件ではトイレを極端に狭く作ってあることが珍しくありません。便座に座ってみようとしたときに、出入り口の扉に頭がぶつかってしまうほど狭いことがあります。また、収納がなくてトイレットペーパーなどを置く場所に困ることもあるのでトイレの広さや収納の有無には十分に気をつけましょう。

キッチンの収納に注意しよう

収納という観点ではキッチンに注意が必要です。キッチンはあれば良いというスタンスで賃貸物件を選んだ人によくあるのが、スペース的には十分でもフライパンや鍋、包丁やまな板に加えて食器まで収納する場所が必要だということに後から気づくというパターンです。また、そこまでは頭が回っていても調味料や常温で保存できる食材の置き場に困ってしまうケースがあります。今まであまり料理をした経験がない人ほど陥りがちなミスなので注意しましょう。

通路の幅を測っておこう

賃貸物件を借りてから大きな失敗だったと気づくのが通路の狭さという場合もあります。幅が80cmくらいは取ってあることが多いですが、60cm程度しかないこともあるのです。少し狭いかなという程度で通路を通ることはできますが、ものを持っていると狭くて辛くなる可能性があります。また、もっと切実なのが家電や家具の購入で、60cm以上の幅がないと選択肢が急激に減ってしまうので気をつけましょう。

北海道 江別市の賃貸を探してみると、日本最大級の豊富な賃貸物件情報を掲載している会社があって、 希望の条件で絞り込んで部屋探しができます。