テレワーク時代に賃貸物件に住んで豊かな人生を送る

賃貸物件と売買物件の比較

賃貸物件に住み続ける形と、住宅を購入して一つの場所に住み続ける形では、どちらのほうが得か?という事は昔から議論されてきました。そして、昔は住宅を購入して家賃をかけないライフスタイルのほうがややメリットが大きかったものの近年は状況が変わってきています。

テレワークと賃貸物件

それは、テレワーク(リモートワーク)の仕事が年々増加しているという点で、この点により、賃貸物件に住み続けるメリットが上昇しています。具体的には、都会では家賃がものすごく高い地域がある一方、過疎化が進むような地域では相当安い家賃にて賃貸物件に入居可能です。そして、たしかに都会で家賃15万円の物件に住み続けるとなると累積家賃を心配する必要がありますが、家賃が3万円であれば10年住んでも累積家賃は360万円で済みます。

テレワークをしながら住みたかった場所に数年で転居

家賃相場が安い地域で生活している場合でも、オフィスや工場で働いている場合は、働く場所から遠くには住めません。しかし、テレワークの仕事をしている場合は、どこにいても仕事が出来るため同じ場所に住み続ける必要はまったくありません。そのため、テレワークの仕事をしている場合は、自分の憧れの地域の中で家賃相場が安い地域に数年単位で移住するようなライフスタイルをおすすめします。同じ場所に住み続けていると段々飽きてくる可能性がありますが、魅力溢れる地域に数年単位で移住を繰り返していけば、移住できない人より充実した人生を送れます。なお、賃貸物件にも集合住宅と戸建て住宅がありますが、音漏れなどを気にする必要がある集合住宅よりも、掘り出し物の庭付き戸建て物件に居住するのが最もおすすめです。

札幌市中央区の賃貸マンションなら、札幌市電山鼻西線14条駅から徒歩約5分の所では、間取り3LDKで賃料8万円程度の物件が見つかります。