敷金・礼金ってどんな費用?それぞれの特徴を解説!

敷金・礼金って何だろう?

賃貸物件を探していると、初期費用の中に「敷金」「礼金」という言葉が入っているのをよく見かけます。それぞれ家賃の1ヶ月分程度の金額が設定されていることが多く、初期費用の中でもかなりウエイトを占めている部分です。そもそも、この敷金・礼金は一体どのような費用なのでしょうか?

敷金は事前に払う修繕費用

敷金は賃貸物件を借りるとき、あらかじめ払っておく修繕費のようなものです。物件を退去する際は、管理会社や大家さんで修繕しなければならない箇所がないか、室内を確認します。そのときに、借主の責任とみなされる修繕箇所がある場合は、借主負担で修繕しなければなりませんが、敷金を払っていればその敷金が修繕費に企てられます。なお、修繕費が敷金を下回った場合は、差額が借主に戻ってきます。

礼金は謝礼金にあたる

礼金とは、大家さんに渡す謝礼金のようなものです。住宅が不足していた時代に、住宅を貸してくれる大家さんにお礼の気持ちを込めてお金を渡していたことが基になっています。しかし、現在は住宅や賃貸物件が豊富であるため、礼金の文化は薄まってきています。賃貸物件によってはこの礼金がゼロであるものも多くあります。

敷金・礼金を正しく知ってお得に賃貸物件を探そう!

敷金・礼金のことに関してはわかりましたか?2つとも似たような名前ですが、それぞれの費用の意味は大きく違います。最近は敷金・礼金ゼロ物件など、初期費用をグッと抑えられる物件も数多く存在します。それぞれの費用の意味を知り、支払うメリットを考えたり、予算と相談しながら、お得に賃貸物件を探しましょう!

新札幌の賃貸マンションなら、JR千歳線新札幌駅から徒歩4分で、間取りは2LDK、賃料10万円の物件があります。