冬も快適に暮らそう!札幌での賃貸住宅の選び方

地下鉄駅の近くを選ぼう

12月から3月・4月にかけて、札幌市内にはいっぱい雪が降ります。道路の両端に除雪後の雪が積まれるため、夏と比べると車の流れも悪くなりがちです。道を歩くのにも一苦労する時も。

市内の移動をスムーズにしたいと考える人には、地下鉄駅に近い物件を選ぶことをおすすめします。大通・札幌駅方面へのアクセス良好、地下街と直結するオフィスや商業施設もあり、長い時間寒い屋外を歩かずに済むメリットがあります。

灯油ストーブ設置の物件を選ぼう

札幌の冬を暖かく過ごすためには、暖房が欠かせません。

首都圏の賃貸住宅にエアコンが設置されているのと同様に、札幌の賃貸住宅には必ずといってよいほどストーブが設置されています。灯油やガスを燃料にするものがほとんどですが、灯油ストーブ設置の物件をおすすめします。

LPガスの価格が全国平均と比べて高い傾向にあり、ガスストーブを使うと1か月のガス代が数万円になるケースもあるようです。そのため、ガスストーブから灯油ストーブに変える賃貸住宅も出始めています。

灯油ストーブであれば、ガスストーブやエアコンの暖房と比べて安上がりで済みます。

除雪が必要な物件では、雪捨て場の有無を確認しよう

マンションのようにエントランスから各部屋に入るタイプの物件であれば、個別の除雪は必要ありません。

一方、玄関を出たらすぐ屋外という物件の場合は、自分で除雪を行う必要があります。道路への雪出しは禁止なので、除雪後は別の場所へ雪を捨てる必要があります。ご近所トラブルを防ぐため、物件を選ぶ際は雪捨て場の有無や場所をよく確認しておきましょう。

札幌の賃貸マンションは基本的には更新手数料がかかりません。そのため長く住むことを前提に家探しをするのがポイントです。